★8月11日 2014年竿燈まつり4日目・小若妙技会。


昨年、何とか人数を揃え無理矢理出場した小若妙技会。

どこの町内でも人員不足が叫ばれているようですが・・・・。

我が町内も同じ。

4年生以上になると、スポーツ少年団活動なんかで忙しくなり
竿燈に携わるメンバーが減って来るのです。

ただ、「継続して出場する」ことが大切だ!



代表と意見が合致し、秘密兵器を含めた小学生5名で
今年はチャレンジすることになりました。


雨の為、エリアなかいちから「秋田市立体育館」へ会場を移しての妙技会。



f0329641_22375414.jpg




室内での妙技会もそんなに経験出来ることではありません。

そういった意味でも今回の出場は、来年に繋がるものだったと感じています。



f0329641_22380318.jpg



体育館の反対側では大若の決勝大会が。

いつもとは違う雰囲気が会場を包み込みます。



f0329641_22381868.jpg




微妙な感じで緊張気味の我がチーム。

左から。

テル(小1)肩。
タツ(小5)流し。
タカ(小5)額。
アユ(小5)平手。
タロ(小4)腰。


額と腰以外はポジションを朝に決定。

テルに至っては妙技会出場通達が前日の

「戻り竿燈終了後」・・・・・。

だったと言う・・・。

まさしく「父兄殺し」・・・・・。

お母さん、深夜~早朝までの半纏の作成

お疲れ様でした。

来年は

「戻り竿燈前」

に通達するよう努力致します・・・・。

f0329641_22394351.jpg

やはりというか何というか・・・・・。

全員表情が厳しい。

「他の町内はそんなに見なくてもいいよ!」

と言ってはみたものの、やはり気になる。

小学生なんですね。


f0329641_22392658.jpg


微妙に険しい表情の太郎。


聞けば・・・・。



f0329641_22395349.jpg

入場するや否や顔を合わせた

「師」

無言のプレッシャーがかな~りキツかったとか(笑)。


こういった会場での再会は嬉しかったようですが。




f0329641_22400823.jpg



駅東竿燈会の洋資君と。

「不特定町内子ども会」にて切磋琢磨する間柄。

※不特定町内子ども会に関しては
2~3月くらいの日記で探してね。


洋資君は演技後。
太郎は演技前。

コントラストがはっきりですな。

引き続き「盟友」として頑張って欲しいと願ってます。



f0329641_22405928.jpg



早い時間に到着し過ぎたせいか、待ち時間が結構ありました。

でも、こういった雰囲気を長い時間経験することだけでも
来年に向けて収穫があったと思ってます。



f0329641_22415564.jpg



いよいよ出番。




f0329641_22422537.jpg



去年は挨拶の声も聞こえないくらいでしたが・・・・
今年は立派な挨拶が出来ました。

審査員方々が難聴になるくらいに叫びましたな。



f0329641_22423912.jpg



流しのタツも当初は平手で予定していただけにぶっつけ本番。

そんな中、良くぞ頑張ってくれた。


f0329641_22430079.jpg



f0329641_22431815.jpg



f0329641_22462964.jpg



f0329641_22464833.jpg



想像以上の演技だったぞ!。



f0329641_22552118.jpg



別角度から。

※柳町竿燈会・大山さんからのご提供写真



f0329641_22471300.jpg



碧翔、当日の無理なお願いに快く応えてくれて有難う!。



f0329641_22511563.jpg



新天地でも一生懸命頑張ってくれ!。

祭り時には必ず帰って来いよ!。



f0329641_22513482.jpg



喬葵は力技で戻せるので何にも心配してませんでした・・・・。




f0329641_22514805.jpg



風の噂で聞いたのですが・・・・・。

「お父さんより手首が太い」


らしいので・・・・・。




f0329641_22521931.jpeg



そして

「新屋竿燈会の秘密兵器」

と呼ばれている

瑛葵の出番が遂に!。


スタートダッシュをかませるように・・・・太郎は中腰。
※柳町竿燈会・大山さんからのご提供写真


f0329641_22553882.jpg


練習で少しは竿を持たせたことはあるのですが・・・・。

ほぼ

「ぶっつけ本番」

それでも倒したり、落としたりすることなく最後まで繋いでくれました。



f0329641_22523248.jpeg


彼の必死な姿に涙腺が緩んだメンバーが多かったと聞いてます。

「ひっくり返しても、倒しても、喬葵と太郎が何とかしてくれる!」

と、言い続けてましたが

ここまでやってくれるとは!。(涙)


あとは中心に戻すだけ。



f0329641_22525539.jpeg

※柳町竿燈会・大山さんご提供


f0329641_22532197.jpeg


※柳町竿燈会・大山さんご提供



f0329641_22534898.jpeg



※柳町竿燈会・大山さんご提供



f0329641_22560167.jpeg


※下米一竿燈会・石田さんご提供



f0329641_22561292.jpeg


※下米一竿燈会・石田さんご提供



f0329641_22540771.jpg


こんな感じで今年の小若妙技会は終了したのでした。



f0329641_22575959.jpg

終了後の挨拶。



f0329641_22581480.jpg


もう、この5人でチームを組むことはないかもしれませんが・・・


確実に新屋竿燈会小若に足跡を残してくれたメンバーだったと思います。


「無理に無理を重ねて出場させた」という感じも強かったのですが・・・・。


色んな部分で皆が楽しんで、一生懸命に演技してくれた。


点数とか順位とか、求める部分が町内によって違うのは百も承知ですが、


「継続出場」を実現してくれた5人に感謝です!



f0329641_22584624.jpg

演技終了後。



f0329641_22585976.jpg


f0329641_22595058.jpg


頑張ってくれた5人に最大の拍手を!。



来年も頼むな!!

上位進出狙うぞ!!!


あ、何度も言い聞かせてますが・・・・・。



たくさん勉強して立派な大人になりましょう!


馬と鹿では世の中渡っては行けません。


太郎も竿燈だけではメシ食えないからね、将来。


世間一般では雲古みたいなものなんだからさ、それ。


小若衆のお父さんお母さんも、頼みますね!。



世の中で立派に通用する人間になりましょう!!



<つづく>

by ryosuzuki69 | 2014-08-11 08:00 | 竿燈会のこと